沿革

1983

(昭和58年)・株式会社東通から分離・独立し、株式会社東通インターナショナルを設立
(東京都港区赤坂)
・空撮用カメラ防振システムの販売開始
・ソウルオリンピックスタジアムA/Vシステム設計施工

1984

(昭和59年)・ブエノスアイレス大学A/Vシステム設計施工

1986

(昭和61年)・サウジアラビア人材開発センタープロジェクト設計施工
・空撮用カメラ防振システムが東京サミット警備用として警察で初採用

1988

(昭和63年)・空撮用カメラ防振システムが災害防災対策用として消防で初採用

1991

(平成3年)・Grass Valley 製品の販売開始

1994

(平成6年)・東京テクニカルセンターを東京都港区赤坂に開設

1998

(平成10年)・株式会社東通クリエイティブ・ビジョンを設立

2000

(平成12年)・資本金を3000万円に増資
・ヘリコプターテレビシステムの販売開始

2001

(平成13年)・東京テクニカルセンターを東京都世田谷区玉川台に移転

2003

(平成15年)・ISO9001を全社にて認証取得

2004

(平成16年)・ビデオ/オーディオ マトリックススイッチャー等の販売開始
・マイクロ波送信機/受信機の販売開始

2005

(平成17年)・空撮用HDカメラ防振装置を販売開始

2008

(平成20年)・EO/IR防振システム販売開始

2009

(平成21年)・マルチビューワ、動画・静止画送出システム、各種コンバータ、コントロール監視システム、ビデオ・オーディオルーティングスイッチャー等の販売開始

2010

(平成22年)・小型EO/IR防振システムの販売開始

2012

(平成24年)・インジェスト関連機器の販売を開始
・船舶用カメラ防振装置の販売を開始

2014

(平成26年)・ファイルベース・A/V品質チェック・自動補正ソフトの販売開始
・4Kカメラ防振システムの販売開始

2015

(平成27年)・ISO27001を認証取得
 ※ISO27001登録範囲
 製品・サービス:防衛省(自衛隊)をエンドユーザーとする製品の輸入販売、保守業務
 事業所:東京テクニカルセンター 防衛担当 / 本社 防衛担当
・超高感度HDカメラ防振システムの販売開始

2016

(平成28年)・映像配信システムの販売を開始

2017

(平成29年)・本社を東京都港区東新橋に移転
・新型機上無線伝送システムの販売開始

2018

(平成30年)・ヘリコプター衛星映像音声伝送システムのSI事業を開始
・新木場テクニカルセンターを東京都江東区新木場の東京ヘリポート内に開設(現在地)

2019

(平成31年)・報道ヘリ/中継車両のSI事業を開始
・可搬型無線受信システムの販売開始
・8Kカメラ防振システムを納入

2020

(令和2年)・送電線監視用1億画素カメラ防振システムを納入
・ICSシステムの販売開始

2021

(令和3年)・本社を東京都千代田区九段北に移転(現在地)

2024

(令和6年)・大阪テクニカルセンターを大阪府大阪市淀川区宮原に開設(現在地)
・東京テクニカルセンターを東京都大田区平和島に移転(現在地)