ホーム > 製品情報 > ネットワーク型 集中監視・調整システム iControl

Grass Valley
ネットワーク型 集中監視・調整システム iControl

boader

概要

iControlはネットワーク、ストリーミング、SNMPを利用した、放送システムの集中監視・コントロールシステムです。

Grass Valley社Densiteシリーズの各種ビデオ・オーディオ インターフェースボードは、すべてネットワークを通して各種のステイタスを見ることができ、設定変更をすることができます。

多くのボードは本線出力に加え、ビデオ・オーディオをストリーミング変換出力しているので、ネットワークを通して、その画像・音声をモニタリングすることができます。
また、画質・音質評価用プローブボードHCP-1801等をシステムの要所に配置し、ビデオとオーディオの品質に関するパラメータやメタデータをストリーミング画像・音声と共に監視することができます。

これらのボードタイプインターフェースから送られる様々なステイタスや、ストリーミング画像・音声を集中監視するのがiControlです。
システム内に異常が起きた時、素早く問題箇所を特定し、対処することができます。

iControlのGUI画面からまたは、RCP-200等のコントロールパネルからビデオ・オーディオ インターフェースボードの設定変更、ルーティングスイッチャーの操作、アラームの敷居値の変更等、大規模なシステムでも少人数で集中監視・制御することができます。

システム系統図をベースにした、GUIデザインは信号の流れに沿った、監視と運用を容易にし、機器の配置・ラックレイアウトを取り入れたGUIにより、短時間に問題箇所を見付けることができるので、復旧時間を短縮することができます。SNMP等、高度なコミュニケーション機能が無いサードパーティー機器の監視は、GPI(General Purpose Interface)を利用してアラーム監視します。

リモートコントロールパネル(RCP-200)

サードパーティ製品の組み込み

Grass Valley製品以外の機器もANMP等で、iControlシステムに組み込むことができ、サードパーティーの計測器の表示をiControlの画面に組み込むことも可能です。

ネットワーク接続例

Densiteシリーズのビデオ/オーディオストリーミング出力対応ボード

XVP-3901 3G ユニバーサル・ビデオ/オーディオ・プロセッサ
XVP-3901-FS 3G フレームシンクロナイザ/オーディオ・プロセッサ
XVP-3901-DC 3G ダウンコンバータ/オーディオ・プロセッサ
XVP-3901-UC 3G アップコンバータ/オーディオ・プロセッサ
XVP-3901-XC 3G クロスコンバータ/オーディオ・プロセッサ
EAP-3901 3G エンベディド・オーディオ・プロセッサ
AMX-3981 3G 8AESエンベダー
ADX-3981 3G 8AESデエンベダー
DSK-3901 3G ダウンストリーム・キーヤー(2Keyer)
LGK-3901 3G ダウンストリーム・キーヤー・ロゴ・ストア(5Keyer)
XVP-1801 HDアップ/ダウン/クロスコンバータ
XVP-1801-FS HDフレームシンクロナイザ/ARC
XVP-1801-DC HDダウンコンバータ/フレームシンクロナイザ/ARC
XVP-1801-UC HDアップコンバータ/フレームシンクロナイザ/ARC
HDC-1861 HDダウンコンバータ/アナログビデオ出力付き
HMP-1801 HD動画ファイル・レコーダー・プレーヤー
HCO-1821 HD 2x1チェンジオーバー/リレーバイパス
HCP-1801 HDビデオ/オーディオ評価プローブ

他のインターフェースボードもネットワークを利用して、ステイタスのモニタリング、パラメータの設定変更が可能です。

製品に関するご質問 / 資料請求 / 見積のご依頼

上記の情報はカタログの抜粋です。
詳しくは、電話またはWEBフォームにて、お気軽にお問い合わせください。

株式会社 東通インターナショナル