Grass Valley
HD/SDアップ/ダウン/クロスコンバータ  XVP-1801

boader

XVP-1801はアップ/ダウン/クロスコンバータ、フレームシンクロナイザです。
バックグラウンド・キーヤー、16チャンネルまでのオーディオ・シャッフル、プロセスを兼ね備えています。

  • アドバンスド・モーション・アダプティブ・デ インターレースとアンチリンギングにより高画質のコンバートが可能です。
  • AFD(Active Format Description)により、自動でアスペクトレシオ調整が可能です。

主な機能

  • アップ/ダウン/クロスコンバータ、フレームシンクロナイザ
  • アドバンスド・アダプティブ・ビデオ・デ インターレースによる高画質
  • 自動フィルムシーケンスの検出
  • MPEGプリプロセスモード
  • AFD利用による自動ARC(アスペクトレシオ)、ビデオインデックス、WSS
  • カスタム調整のARCプリセット
  • DSK機能、バックグラウンド画像をサイド、または上下に動画をスパーインポーズ
  • プロセス、カラーコレクト、リーガライザ
  • CC、タイムコート等のアンシラリデータのプロセス、コンバート
  • 16チャンネルオーディオ・シャッフル、プロセス、5.1ダウンミックス
  • 4AES入出力
  • ビデオ/オーディオのリップシンクと2秒までの固定オーディオ・ディレイ
  • フレーム内オーディオバスを利用した他オーディオボードの併用
  • Dolby-Eメタデータの挿入

対応フォーマット

系統図

背面パネル図

仕様

ビデオ

入力数 2 BNC
SD SMPTE-259M-C (270 Mbps)
HD SMPTE-292M (1.485, 1.485/1.001Gbps)
フォーマット 1080i59.94, 1080i50, 720p59.94, 720p50
480i59.94, 576i50
出力数 2 BNC
SD SMPTE-259M-C (270 Mbps)
HD SMPTE-292M (1.485, 1.485/1.001Gbps)

リファレンス

入力数 2 (ループスルー出力)
BBまたは3値シンク

ビデオパーフォーマンス

量子化 10ビット
プロセスディレイ 1フレーム

最大6フレームまで設定可

オーディオ

チャンネル数 16 (4グループ)
エンベディド・オーディオ
外部入力数 4 AES3idまたはAES3
外部出力数 4 AES3idまたはAES3
量子化 24ビット
サンプリング周波数 48KHz
ディレイ 最大2s
1ms(粗調整)
1サンプル(微調整)

GPI

8(入力6、出力2) 入力(入力選択 2、プリセット選択 4)
出力(入力ステータス 2)

外部制御

インターフェイス RS422(RJ-45)

テスト信号出力

ビデオ カラーバー
オーディオ L 1KHz パルス
R 1KHz 連続

消費電力

消費電力 17W(最大)

オーダリングガイド

XVP-1801 アップ/ダウン/クロスコンバータ、フレームシンクロナイザ
XVP-1801-75-3DRP 2スロット幅背面パネルAES3id

オプション

XVP-1801-OPT-AUD16 16チャンネルオーディオプロセス・オプション
XVP-1801-OPT-K DSKオプション

フレーム

Densite 2 2Uフレーム
Densite 3 3Uフレーム
Densite 3 mini 1Uハーフラックサイズフレーム

リモートコントロール

iControl Solo PC用設定用GUI
IControl 設定/監視ソフト、サーバー
RCP-200 リモートコントロールパネル

製品に関するご質問 / 資料請求 / 見積のご依頼

上記の情報はカタログの抜粋です。
詳しくは、電話またはWEBフォームにて、お気軽にお問い合わせください。

株式会社 東通インターナショナル