Grass Valley
3G/HD/SD エンベディド・オーディオ・プロセッサ  EAP-3901

boader

概要

EAP-3901はXVP-3901のビデオ部分を簡略化したエンベディド・オーディオ・プロセッサボードです。
ダウンミックス、プロセス、チャンネルシャッフル/ミキシングに加え、オプションでALC自動音量調節、ダイナミクス(リミッタ、コンプレッサ、エキスパンダー)、ラウドネス・メーター、リップシンク機能があります。また、オプションドーターボードによる、Dolbyエンコーダ/デコーダ及びLinear Acoustic社、Junger社のライセンスによるALCと、ステレオ・アップミキシングもご利用頂けます。

  • すべてのオーディオチャンネルは自動で、遅延量が管理され、リップシンクを保持します。また、チャンネル単位の遅延設定も可能で、誤ったリップシンクを正常化することができます。すべてのオーディオチャンネルはミックス、シャッフルし、最終出力として16チャンネルのエンベディド・オーディオとします。
  • 外部リファレンス信号の入力、またはフレーム内リファレンス分配器により、入力ビデオが無くなった時、最後のフレーム、フィールドまたは、ブラックを出力し続けることができます。
  • 最小、数マイクロ秒から、最大15フレームのビデオディレイ設定が可能です。
  • EAP-3901はタイムコードユーザービットに3つのGPIを利用することができます。
  • 入力ビデオからの抽出、または出力ビデオにGPI情報を挿入することができます。
  • Dolby-E等に利用するメタデータの抽出、挿入はダウンミックス、アップミックスに利用可能です。

主な機能

ビデオ

  • 3G/HD/SD入出力
      3GレベルA-マッピング1とレベルBに対応
  • ビデオ入力検出機能とホットスイッチ
  • 入力ビデオ無信号時にもエンベディド・オーディオを出力
  • 外部リファレンス入力とフレーム内部分配器の利用
  • 最小8μ秒から最大15フレームのビデオディレイ
  • テストトーン信号
  • バイパス・リレー付き背面パネル
  • iControlシステムとの連携によるリップシンクエラーの検出/測定

オーディオ

  • モノ単位のシャッフルとミックス
  • 内部32チャンネルプロセス
  • 5.1サラウンドのダウンミックスLt/Rt or Lo/Ro
  • ALC自動音量調節オプション
  • ダイナミクス(リミッタ、コンプレッサ、エキスパンダー)
  • 音量メーターオプション(LEQ(A) or ITU-R BS.1770)
  • 最大2秒のオーディオディレイ
  • Dolby-E/Dolby Digitalエンコーダ/デコーダ
  • Linear Acoustic upMAXTM利用のアップミックス
  • Linear Acoustic AEROMAXTM利用のALC
  • Junger Audio Level MagicTM利用のALC

メタデータ

  • AFD(SMPTE-2016)、ALI(RP-186)、WSSの挿入
  • Dolbyメタデータの挿入、抽出(SMPTE-2020)
  • オーディオメタデータによるRS-422の利用
  • タイムコードユーザービットを利用した、GPI入出力の挿入と抽出。オートメーションやプリセットに利用。

系統図

背面パネル図

仕様

ビデオ入出力

SD SMPTE-259M-C (270 Mbps)
HD SMPTE-292M (1.485, 1.485/1.001Gbps)
3G SMPTE-425 (2.970, 2.970/1.001Gbps)
フォーマット 480i59.94, 576i50
1080i59.94, 1080i50, 720p59.94, 720p50
Level A (Mapping 1)
Level B 1080p59.94, 1080p50
リターンロス >15dB up to 3 GHz
ケーブル長 325m Belden 1694A at 270Mbps
180m Belden 1694A at 1.485Gbps
90m Belden 1694A at 2.970Gbps
ジッター HD <0.2U
3G <0.3U
リファレンス BB SMPTE-170M/SMPTE-318M/ITU-624-4
3値 SMPTE-274M/SMPTE-296M
リターンロス >35dB up to 5.575MHz

GPI

ポート数 3(接点接地)
コネクタ RJ-45

RS422

入力レベル 300mV p-p
出力レベル 3V p-p
ボーレート 115,200Bd

ビデオパーフォーマンス

量子化 10ビット
プロセスディレイ 8μ秒
最大15フレームまで設定可

オーディオ

量子化 24ビット
サンプリング周波数 48KHz
ディレイ 最小2~6m秒
プロセスオプションによる
最大2秒(1m秒単位)

消費電力

消費電力 12.5W(最大)

オーダリングガイド

EAP-3901 エンベディド・オーディオプロセッサ
EAP-3N01-3SRP 1スロット幅背面パネル
EAP-3N01-3SRP-R 1スロット幅背面パネル、バイパス・リレー付き
EAP-3N01-3SRP-F 1スロット幅背面パネル、光SFPソケット付き

オプション(ライセンス)

EAP-3901-OPT-DP ダイナミクス(リミッタ、コンプレッサ、エキスパンダー)
EAP-3901-OPT-LM ラウドネス・メーター(音量メーター)
EAP-3901-OPT-ACL-2 2チャンネル・ラウドネスコントロール by Grass Valley
EAP-3901-OPT-ACL-6 6チャンネル・ラウドネスコントロール by Grass Valley
EAP-3901-OPT-ACL-8 8チャンネル・ラウドネスコントロール by Grass Valley
EAP-3901-OPT-ACL-16 16チャンネル・ラウドネスコントロール by Grass Valley

オプション(ハード)

MOD-DOLBY-ENC-E Dolby-Eエンコーダ
MOD-DOLBY-ENC-D Dolby digital(AC-3)エンコーダ
MOD-DOLBY-DEC Dolby-E/digital(AC-3)デコーダ
MOD-LA-DUP-701 アップミックス Linear Acoustic Technology up MAX TM
MOD-LA-ALC-2 2チャンネル・ラウドネスコントロール by Linear Acoustic
MOD-LA-ALC-6 6チャンネル・ラウドネスコントロール by Linear Acoustic
MOD-LA-ALC-8 8チャンネル・ラウドネスコントロール by Linear Acoustic
MOD-LA-ALC-2-DUP 2チャンネル・ラウドネスコントロール+アップミックス by Linear Acoustic
MOD-LA-ALC-6-DUP 6チャンネル・ラウドネスコントロール+アップミックス by Linear Acoustic
MOD-LA-ALC-8-DUP 8チャンネル・ラウドネスコントロール+アップミックス by Linear Acoustic

リモートコントロール

IControl 設定/監視ソフト、サーバー
RCP-200 リモートコントロールパネル

製品に関するご質問 / 資料請求 / 見積のご依頼

上記の情報はカタログの抜粋です。
詳しくは、電話またはWEBフォームにて、お気軽にお問い合わせください。

株式会社 東通インターナショナル