ホーム > 企業情報 > 沿革

沿革

boader
1983年
(昭和58年)
株式会社東通から分離・独立し、株式会社東通インターナショナルを設立

[ 設立当時取り扱いの海外放送関連製品 ]

  • ビデオ編集機の代名詞にもなったCMX編集システム(当時ORROX社)[アメリカ]
  • CCDテレシネFDL-60、BフォーマットVTR(当時BOSCH社)[ドイツ]
  • 空撮用カメラ防振システム、WESCAM(当時ISTEC社、現L-3WESCAM社)[カナダ]

以後、国内外のビデオ・オーディオシステムの設計・施工、海外放送関連製品の輸入販売業務を数多く手掛ける。
1984年
(昭和59年)
  • Graham-Patten社[アメリカ]と代理店契約し、ESAMプロトコルのオーディオミキサ販売を開始
1986年
(昭和61年)
  • マルコーニ社[イギリス]と代理店契約し、ビデオ方式変換装置、テレシネ装置の販売を開始
1991年
(平成3年)
  • (株)ジー・ブイ・ジー・ジャパン社と販売特約店契約し、Grass Valley Group社ビデオ・オーディオ製品の販売を開始
  • MicroTime社[アメリカ]と代理店契約し、ビデオイフェクタの販売を開始
1994年
(平成6年)
  • 東京テクニカルセンターを開設
1996年
(平成8年)
  • Digital Graphic Incorporated社[アメリカ](現AVID Technology社)と代理店契約し、Dekoキャラクタージェネレータの販売を開始
2000年
(平成12年)
  • 資本金を3000万円に増資
  • 秋田県警察本部ヘリコプターテレビ地上・機上設備 システム納入
    (ヘリコプターテレビシステムの受注開始)
2001年
(平成13年)
  • 東京テクニカルセンターを現所在地(東京都世田谷区)に移転
2003年
(平成15年)
  • ISO9001を全社にて認証取得
2004年
(平成16年)
  • 本社を現所在地(東京都文京区)に移転
  • NVISION社[アメリカ](現Grass Valley社[カナダ])と代理店契約し、ビデオ/オーディオ マトリックススイッチャー等の販売を開始
  • Troll Systems社[アメリカ]と代理店契約し、マイクロ波送信機/受信機の販売を開始
2005年
(平成17年)
  • CINEFLEX社[アメリカ] (現GD-GIT社)と代理店契約し、共同開発したHDカメラ防振装置CINEFLEXを販売開始
2006年
(平成18年)
  • RENEGADE LABS社[アメリカ]と代理店契約し、デジタル・オーディオミキサーの販売を開始
2008年
(平成20年)
  • L-3 WESCAM社[カナダ]との契約を改訂し、防衛市場も含む日本国内総代理店契約を新たに締結
2009年
(平成21年)
  • Miranda Technologies社[カナダ](現Grass Valley社)と代理店契約し、マルチビューワ、動画・静止画送出システム、各種コンバータ、コントロール監視システム、ビデオ・オーディオルーティングスイッチャー等の販売を開始
2012年
(平成24年)
  • MOG Technologies社[ポルトガル]と代理店契約し、インジェスト関連機器の販売を開始
  • Current社[カナダ]と代理店契約し、船舶用カメラ防振装置の販売を開始
  • Raysat Antenna Systems社[アメリカ]製 衛星通信装置の販売を開始
2014年
(平成26年)
  • Vidcheck社[イギリス]と代理店契約し、ファイルベース・ビデオ/オーディオ品質チェック・自動補正ソフトの販売を開始
2015年
(平成27年)
  • ISO27001を認証取得
※ISO27001登録範囲
 製品・サービス : 防衛省(自衛隊)をエンドユーザーとする製品の輸入販売、保守業務
 事業所 : 東京テクニカルセンター 映像通信グループ 防衛担当 / 本社 映像通信グループ 防衛担当
2016年
(平成28年)
  • Streambox社[アメリカ]と代理店契約し、映像配信システムの販売を開始
  • IMAGE VIDEO社[カナダ]と代理店契約し、タリー制御システムの販売を開始
株式会社 東通インターナショナル